楽天銀行スーパーローンの所得証明書不要の基準と対象となる条件

所得証明書は返済能力をみる上で重要な書類です。貸金業法の改正によって、返済能力をきちんと調査する義務が課され、消費者金融などでは1社で50万円以上、他社を含めて借入残高が100万円以上になれば、所得証明書が必要となります。法律の改正によって、借りる側にとってはより厳しい条件となった訳です。そんな中で銀行カードローンに関しては貸金業法による貸し付けではないため、先の例はあてはまりません。例えば、楽天銀行スーパーローンは300万円まで所得証明書不要です。楽天銀行スーパーローンのような所得証明書不要のラインは他社でも実施されていますが、銀行カードローンの中では高い部類に入り、2014年よりこの基準になっています。楽天銀行スーパーローンで所得証明書不要となるのは個人の貸付であって、事業者の場合は所得を証明する必要があります。また、キャッシング 即日可能といっても、すべての方に当てはまるものではなく、審査内容によっては不可能な事もあります。

楽天銀行スーパーローンの魅力である低金利と設定時の傾向

楽天銀行スーパーローンの低金利と限度額の多さ、そしてパート・アルバイト・専業主婦の方も利用できるのは魅力です。金利面で言えば、限度額500万円のケースで最低で実質年率は4.9%、10万円以上の場合でも14.5%です。10万円のケースでは消費者金融などが年利18%での貸し出しが多い中で、3.5%も低いことになります。そんな金利の低さから他社との借り換えにも向いているのですが、条件を挙げています。借り換えや他社の借入をまとめる場合は楽天銀行スーパーローンの利用分を回すことで、追加で借り入れることはできないようになっています。また、他社でも同じことが言えますが、実質年率は契約によって決まります。審査の内容、ここでは収入や返済能力が主なものになりますが、融資額によって設定されている最低の実質年率で利用することもできます。年利の設定は低いほど与信ポイントが高いということです。返済能力が高ければ、各融資枠の最低基準で設定されるのが楽天銀行スーパーローンです。返済能力の高さは収入の高さだけでなく、安定度もポイントとなり、勤続年数やボーナスと月々の給与など様々な観点から加味され、契約において最終的に決定されます。

仮審査と本審査を経て融資となる楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの審査には保証会社である楽天カードの保証が受けられることが条件になります。これは他の銀行カードローンでも同様ですが、仮審査は保証会社が行っています。仮審査の通知は仮と付いていますが、融資が可能かどうか、この時点で決まります。ただし、融資の決定ではありません。まだ、融資が可能であるという段階なのです。楽天銀行スーパーローンでも仮審査の結果をメールや電話で通知し、次に勤務先への在籍確認を行っています。この在籍確認がとれ、本人への確認がとれてカードが発行され、融資となります。本人確認書類は運転免許証や保険証などで、本審査に必要となります。収入証明書の提出が求められるのは300万円からなので、この点は他と比べてもハードルは低いと言えます。この収入証明書の提出ラインも申し込んだ方すべてに対応しているものではなく、場合によっては必要となることがあります。低金利が魅力の楽天銀行スーパーローンですが、通常よりもさらに金利を半額にするキャンペーンも実施しているので、それを活用してみるのもおすすめです。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認はどのように行われるのか

ローンを組む場合は業者選びが大切ですが、銀行の場合は信頼性が高く安心して申し込みができると言えます。そして銀行の良いところは低金利でもありますので、それだけ返済も楽に行うことができます。各銀行では様々なローンが提供されていますが、楽天銀行スーパーローンも注目されているローンのひとつです。楽天銀行はネット銀行で店舗がないため、インターネットから手続きを行います。楽天銀行スーパーローンを利用する場合もやはり審査はありますが、在籍確認はどのように行われるのかも知っておきましょう。楽天銀行カードローンに限らず、カードローンやキャッシングの申し込みの場合は職場への在籍確認が行われることは一般的です。楽天銀行スーパーローンの在籍確認方法についても確認しておきたいですが、やはり審査の一環として職場への電話という形で行われています。この場合も非通知設定、担当者が個人名で担当してくれますので安心して審査を受けることができます。

楽天銀行スーパーローンでの増枠の方法とは

楽天銀行スーパーローン等の金融機関での借入れ等には最初の申請時店で、限度額の設定を行う事が一般的ですが、いざ使用した後に限度額を増やしたいと考える事もあるでしょう。そういった時は増額が出来るかもしれませんので、一度検討しても良いでしょう。楽天銀行スーパーローンでは限度額を増枠する方法があります。最初はあまり使わないと思って、限度額を少なく設定していても、いざという時にさらに借入れが必要となる可能性もあるでしょう。そういった時は増枠を新たに申請してみましょう。しかし、楽天銀行スーパーローンでは必ず増枠が出来るという分けでは有りません。現在の収入額に応じて増額が出来るかどうかを判断されますので、まずは申請内容を確認しましょう。新たに増額しても返済が出来なければ意味が有りませんので、収入額に応じた限度額が決まっておりますので、その額を元に増額を申請し、きちんと返済計画を立てておく事をお勧め致します。

お得な楽天ポイントが借入で付与される楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンと他社の銀行ローンと比較した場合、楽天ポイントが付く点は大きな魅力です。消費者金融を含めた他社も、カードローンの差別化を図るため魅力的な特典を設ける傾向があります。無金利やATM手数料の無料などを打ち出す中で、楽天銀行スーパーローンは同じグループである楽天市場で利用できるポイントを付与しています。この楽天ポイントは入会で1000ポイント、利用に応じて最大で30000ポイントを進呈しています。30000ポイントは400万円から限度額の500万円の場合ですが、20万円から30万円未満でも500ポイントなので、入会時に付与される分と合わせて1500ポイントとなります。楽天ポイントは1円イコール1ポイント換算なので、限度額500万の利用の場合は31000円にもなります。ネットショッピングで楽天市場をよく利用する方にとっては魅力的ですし、サービスを利用すればまた貯まるのでうれしい特典です。キャッシュバックにも似た感じですが、同じカードローンを利用するのであれば、少しでもお得で、利用範囲の広いポイントが付与される楽天銀行スーパーローンはおすすめです。

このページの先頭へ